お洒落感をプラスする、ストール&マフラーのコーデ術

まだまだ女性ほど利用している人口は少ないかもしれませんが、確実にマフラーやストールを着用している男性層って増えていますよね。
海外ではかなり男性の間でも浸透しているようで、某「ちょい悪いオヤジ」を提案している雑誌のモデルさんなんかは結構着用している姿を目にします。

巻き方がわからないから浸透しない??

実はマフラー・ストールといういわゆる【巻物系】は防寒効果だけではなく、巻き方によって”長身にみえる効果”、”小顔にみえる効果”、”足長にみえる効果”を出すことができる。
さらには「なんかかっこよく見える」、つまりこなれ感をプラスすることができるアイテムなのです!!
しかし、本男性の間にまだ巻き方が広く知れ渡っていないので利用方法がいまいちわからない。。。と敬遠されがちなアイテムでもあります。
確かに巻き方なんて自分も2種類程度しか知らない。。。
でも、実際にはストールの巻き方は60種類以上あると言われているんだそうですよ。びっくりですよね。

その中からシンプルで簡単にできて、男性の服にも合いそうなものを紹介します。

メンズマフラー・ストールの巻き方

垂らしまき

b3f4d7551d9a532973ab893e2f007480
出典:https://jp.pinterest.com/pin/366410119663965610/

マフラーを首にかけるだけの、通勤にもおすすめのスタイルです。
上からコートをはおり(ジャケットでも良いです)、コートの縁からチラリと見えるようにするのがおすすめです。

シンプルな巻き方なので、アイテムや合わせ方によって雰囲気がかなり変わってきます。
↑の写真は、マフラーの色味も落ち着いているし、合わせているアイテムもかっちりしているので、フォーマルな印象ですよね。

1398e2c97438c3633d8f9c735da54714
出典;https://jp.pinterest.com/pin/256423772512396815/

しかしこちらはどうですか?
コートの上からストールをかけているという違いはあるものの、かなりカジュアルでストリート色の強い印象になりますよね。

このようにどんなコーデにも合う万能な巻き方が垂らしまき(といってもかけるだけですけど)です。
まずはこのスタイルに挑戦してくださいね。

ワンループまき

905849a3ce47a5b5704c1a872f9c8465
出典:https://jp.pinterest.com/pin/324188873150984586/

ワンループまきという言葉で聞くと、え?って感じですがよくやってるあの巻き方のことです。

◆手順◆
マフラーの横幅を2回~3回折りたたんで、細くします。※きちんと折り畳まずにラフにくしゅくしゅ束ねてもOK。
長さを半分に折り、輪の部分に手をさし込みます。
20100813-42-3
出典:http://cep-shop.jp/stole/makikata/no42/
首にあてます。この時、マフラーのフチが下になるように、首に当ててください。
輪に、マフラーの先をさし込めば完成!

このやり方は、防寒性、巻く際の簡単さ、あらゆるアウターとの相性の良さにおいて◎なとっても便利で頼りになり奴です。
下の写真のようにあえてゆったりまいてみたり、ねじりを加えることでこなれた雰囲気の演出もできますよ。

db067ed8a9b21627060c6badfe69ecc8
出典:https://jp.pinterest.com/pin/414823815657770620/

ニューヨーク巻き

a75b1867bce46c00caf95bc08cbe0c4b
出典:https://jp.pinterest.com/pin/234820568047773274/?utm_campaign=menz_web&utm_medium=partner_jp&utm_source=DeNA

海外ドラマや、海外の街角スナップで多く見られる巻き方で、
フォーマルやきれい目なスタイルに似合う巻き方です。細いストールならジャケットにも似合います。

◆手順◆
首に1回巻き付けます。片方がちょっと長めに垂れればOK。
39-3re_m
出典;http://cep-shop.jp/stole/makikata/no39/
胸の前でひと結びします。
ストールの端を下にひっぱり、結び目をすっきり整えたら完成。

アスコットタイ風

29079485e049589d05ca9322aa8d03c1
出典;https://jp.pinterest.com/pin/373376625331476513/

クラシックな印象のアスコットタイ風に見える巻き方。
縦長シルエットですっきりとコーデを引き締めてくれます。

◆手順◆
マフラーの横幅を2つ折り~3つ折します。○片ほうの長さが長めになるように首にかけ、長いほうが上になるように、交差させます。
44-2re_m
交差させたら、ひと結びします
44-3re_m
ストールが平たく垂れるように整えたら、完成。
出典:http://cep-shop.jp/stole/makikata/no44/

いかがでしたか

どれも結構簡単ですよね。
使うアイテムによって表情の違いも出ますので、ぜひ試してみてくださいね。